Executive Hotel and Suites Torino Centro 4つ星ホテル

  • italiano
  • English
  • español
  • français
  • Deutsch
  • русский
  • 日本語
  • 中文


ホテル周辺 - Best Western Plus Executive hotel and suites トリノ

到着日 到着日
出発日 出発日
お部屋のご利用人数
大人 子供
プロモーションコード、または法人アカウントをお持ちですか?
コード/アカウント番号を入力してください

ベストウェスタン エグゼクティブ ホテル アンド スイーツは戦略的な立地条件にあり、ローマ通りやサン・カルロ広場、カステロ広場に近いポルタ・ヌオーヴァ駅からも10分(ホテルからすぐの地下鉄駅をご利用いただくと便利です)ですので、中心街から離れたトリノを発見しに出かけることができます。
ホテルのすぐそばにはバレンティーノ城があります。このお城の歴史は1400年までさかのぼり、エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイアが1564年にこれを取得しました。後にカルロ・エマヌエーレ1世がこのお城をフランスのマリア・クリスティーナへ贈り、そこを宮殿と共に主な居城としました。お城の周辺では数々の戦争が行われ、城内では休戦や協定、同盟などが取り交わされ、ここには(マダーマ宮殿と共に)ピエモンテの歴史上重要な歴史が刻まれています。現在、ここには工科大学の建築学部が置かれています。
サン・サルヴァリオ地区は大規模な展示会の場として、また自動車産業の中心地として歴史を見てきた地区ですが、歴史を見てみると各種一神教の崇拝の場所でもあります。つまりカトリック教会、ワルドー派教会、シナゴーグ、イスラム教礼拝所と、四つの宗教とその寺院が共存している場所なのです。

サン・サルヴァリオ地区はまた、トリノでも新しくトレンディーな地区に変容しつつあり、クアドリラテロ・ロマーノでは最も有名な複合商業地区として、最新施設や国際的な娯楽施設、新しいレストランなど観光の場所が数多くあります。

サン・サルヴァリオ地区はその活発で革新を続ける力を背景に、ここ数年で多様な文化の融合の場として注目を集めてきましたが、人々が出会う場所という長い歴史の中で作られてきた一面を伸ばすことを目指す地域の政策にも後押しされています。

よってこの地区は旅行者の間でも訪れたい街として、非常に注目を浴びています。

サン・サルヴァリオ地区には、通の旅行者ならば必ず見ておきたいコレクションもいくつかあります。例えばフルーツ博物館というガルニエール・ヴァレッティの作ったフルーツの模型のコレクションを展示した場所や、ルイージ・ロランドにちなんだ人体博物館、チェザレ・ロンブローゾが創立した犯罪人類学博物館などは訪れておきたい場所です。この博物館通りにはボルゴ・メディエヴァーレの城塞や植物園もあります。この植物園では、人工物や生きていない物ではなく、古き樹木や生きた植物を屋外や温室で見ながら散策することができます。ここにはイタリア国内原産の植物や外来種などが展示されています。